e-room.札幌では、札幌市と帯広市を中心としたホームページ制作を行っております。WEB集客でお困りの経営者の方、ぜひお声がけください。

SEO&MEO戦略

モバイルフレンドリーは必須SEO対策!新時代のアルゴリズムの真実

モバイルフレンドリー

はじめに モバイルフレンドリーとSEO対策

モバイルフレンドリーとは、スマートフォンなどのモバイル端末でも見やすく表示されるかというGoogleの評価項目で、SEO対策の必須知識です。

スマートフォンの普及に伴い、縦長のスマホの画面にもウェブサイトを見やすく表示できることが重要になってきました。

PCからスマホへと、Googleの検索端末は近年、どんどん移り変わってきています。

総務省統計局の調査によると、2017年にスマホの世帯保有率がPCの世帯保有率を上回りました。

出典:総務省> 政策 > 白書 > 30年版 > 情報通信機器の保有状況

モバイルフレンドリーとは、このような時代の流れから生まれた考え方です。

Googleはモバイルフレンドリー化をすすめるため、

2015年4月モバイルフレンドリーアップデート
2019年7月モバイルファーストインデックス

といった取り組みを行ってきました。

この記事では、モバイルフレンドリーという概念について、SEO対策の観点からご紹介します。

モバイルフレンドリーとSEO対策の関係 モバイルフレンドリーアップデート

2015年のモバイルフレンドリーアップデートでは、モバイル端末で検索した際の検索順位の決め方が変更されました。

つまり、

PCで検索した時とスマホで検索した時で異なる検索結果が表示される

ということです。

このアップデートはSEO対策に大きな影響を与えました。

スマホの画面に対応していないサイト、つまりモバイルフレンドリーではないサイトは検索上位に表示されにくくなったためです。

そしてこのモバイルフレンドリーを重視する検索アルゴリズムは、2020年現在のアップデートでも引き継がれています。

モバイルファーストインデックス(MFI)とは

続いて起こったモバイルフレンドリー化のGoogleの取り組みは、モバイルファーストインデックスです。ここでもSEO対策におけるモバイルフレンドリーの重要性は大きく高まりました。

モバイルファーストインデックスにより、従来の検索アルゴリズムから評価方法が大きく変わったのです。

従来はモバイルフレンドリーアップデートにより、PC用のウェブサイトの検索アルゴリズムをベースに、モバイル端末で検索した場合のみモバイルフレンドリーなサイトが検索順位を上げるというシステムでした。

しかしGoogleは、2019年7月以降の新規のウェブサイトでは、モバイル端末での検索結果をベースにするアップデートを、2018年に発表しました。

このアップデートが原因で、新規のウェブサイトのSEO対策ではモバイルフレンドリーを重視することが必須となりました。

PCで検索してもモバイルフレンドリーでないウェブサイトは上位表示されなくなってしまうためです。

まとめ モバイルフレンドリーなSEO対策を

2019年以降、新規のウェブサイトではモバイルフレンドリー対策は必須となりました。

もしMFIを知らずにSEO対策をしても、思うように検索順位は上がりません。

また、モバイルフレンドリーなサイトかどうかをチェックできるツールがあります。

このようなサイトを活用し、自分のサイトがモバイルフレンドリーかどうか調べてみるとよいでしょう。

みなさまがモバイルフレンドリーについて正しい知識をもち、効果的なSEO対策をされることをお祈りしております。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
太田 旭

太田 旭

2000年生まれです。沖縄に住んでいます。 医学生として医師を目指す傍らフリーランスのウェブデザイナーとして活動しています。ウェブデザイン以外にも、SEO・MEO対策、ウェブライティングもお任せください。また、南極冒険家の阿部雅龍さんに師事し、世界一周と日本で二番目の若さでの南極点到達を目指しています。いただいた御代は大学の学費を除き、すべて冒険のために使用させていただきます。

-SEO&MEO戦略

Copyright© e-room.札幌 , 2020 All Rights Reserved.